エアコンシーズン到来前にクリーニングを‼

水回りにはカビが付モノという事もあり、これまでにも、人とカビは共存してきました。
しかし、ニオイがするほど、ほったらかしにしていると、くしゃみの原因、わるくなると喘息になる事も無いとは 言えません。

実は、エアコンにカビは付き物なのです!

『エアコンから出る嫌なニオイ、フィルターの掃除をしたのに まだ臭う!
内部の回転する羽根を覗いてみると、ホコリが羽根や周辺(フラップ部分など)に引っ付いて汚れていた。』
なんて経験、あるのではないでしょうか?
経験のない方でも、一度覗いてみて下さい!。
多い、少ないに、関わらず、ホコリが溜まっていると思います。
※:イメージで言うと、扇風機の羽根にホコリが付いてしまっているのと 同じ状況です。

エアコンの機種や温度設定によって、多少の違いは有りますが、エアコンの吹き出し口の温度はマイナスまで下がります。

そうなると、エアコンを止めた後に水滴がたまり、そこにホコリが附着して、やがてカビの繁殖に繋がります。

フィンやフィルター掃除をしてくれる、お掃除ロボでさえも、羽根まできれいにする事は出来ません。
一部、日立のファン掃除ロボという機種などもありますが、まだまだ完璧にキレイに出来るとは言えません!

かといって、冷房運転使用後に送風や暖房運転などで、内部を乾かすとなると、暑くて室内に居れなくなるため、外出時に送風や暖房運転をして、1時間後に停止する設定にしておくというのも、電気代などの問題も有りますし、悩みどころだと思います。

定期的な清掃(メンテナンス)が重要

100%カビを除去する事は一時的に出来ても完璧にカビを撃退する事は出来ないので、あまり神経質にならないことが良いと思います。

エアコン使用シーズン前と後に、市販のエアコンクリーナーで掃除をする程度で良いと思います。
※:エアコンクリーナーの臭いや洗剤が万がいち残っていて、エアコン起動時に吸い込んで頭が痛くなったりする可能性も有るので、エアコンクリーナーでお掃除後は必ず、水でキレイに洗い流す事ををすすめします。

内部のカビ汚れなど、自分では手に負えないと思った方は、1年に一度、専門のクリーニング業者に清掃を依頼する方が良いと思います。
お掃除マスター

もしも自分でエアコン分解掃除をしたいと言う方は、以下の記事を参考にしてみて下さい!
エアコンのお掃除!自分で分解して臭いを元から断つ方法

以上[エアコンシーズン到来前にクリーニングを‼]でした。